耳の聞こえが悪い

医者と患者

耳鼻科で原因を調べる

耳の調子が悪くなったら補聴器をつければいいと単純に思いがちですが、補聴器は医療機器ですから正しいものを選ぶ必要があります。適切なものを使用しなければ耳の聞こえがさらに悪くなる恐れがありますので、注意しなければなりません。まずは耳鼻科に行って耳の調子を見てもらうことが大切です。聞こえが悪いと言っても人によって原因が異なる場合がありますので医師の診断を受けなければなりません。単に耳垢が詰まっているだけかもしれませんし、外科的な処置が必要な状況かもしれません。原因を見てもらったうえで購入の検討をすることが必要です。補聴器の販売店はあちこちにありますが、販売店を選ぶ場合には2つのポイントがあります。一つは定期的に通える位置にあるかどうか、もう一つは定期的なメンテナンスを行ってくれる店舗かどうかです。補聴器は身に付けるものですから定期的にメンテナンスを行って調整する必要があります。実際にメーカーなどを選ぶ場合には聞き比べをすることが大切です。人によって合うものと合わないものがありますので、実際に聞こえ方をチェックしなければなりません。店舗によっては一定期間貸し出して聞こえ方を試してみることができる場合がありますので、そのようなサービスの活用もオススメです。実際に購入した後は、きちんとしたメンテナンスが必要です。耳の状況は変化しますので、その変化に合わせて補聴器をメンテナンスしなければなりませんし、場合によっては買い替えが必要になることもあります。

Copyright© 2018 補聴器があれば難聴も補助可能【普段通りの生活をする】 All Rights Reserved.