補聴器

失敗しないための2カ条

購入後に悔やむ結果にならないために、補聴器を購入する方は医師にまずは相談しましょう。補聴器相談医であれば、最適な提案を行ってくれます。また、認定補聴器専門店で購入することも重要です。生活環境に合った調整をしてくれるため、聞こえの不便さが解消します。

詳しく見る

音が聞こえづらい場合に

耳

様々な形状が

何だか音が聞こえづらいと感じている人の中には難聴が原因である人もいます。難聴は音を感じる機能が何らかの原因によって異常が起きてしまい、音が普通の人と違って聞こえにくくなってしまいます。難聴の中には治療が可能となる場合もありますが、逆に治療が困難な場合もあります。治療が困難な場合でも深刻に考える必要はなく、補聴器を使うことによって普段通りの生活をすることが出来るようになります。そんな難聴に悩んでいる人にとって便利な補聴器ですが、いざ選ぼうと思うとどんなタイプが良いのか迷ってしまうこともあるでしょう。実は補聴器には様々な形状のものが存在します。補聴器はその人に合わせてオーダーメイドで用意するのが一般的であるため、どうしても慎重に選びたいところです。耳穴型は目立ちにくいのが大きな特徴となっている補聴器です。操作も簡単であるため耳穴型を選ぶ人も少なくありません。耳の穴は人によって異なるためオーダーメイドで作成することになります。耳掛け型は小さなものから比較的大きなものまで存在しており、軽度の難聴の人から重度の難聴の人まで使用することが出来るようになっています。補聴器特有の違和感を感じないオープンフィッティング対応機種もあるため、より自然な補聴器をという人に向いていると言えます。耳穴型や耳掛け型の中でもいくつか種類が存在しているため、その中からよくその特徴を調べて自分に合った形状を選択することが大切です。

Copyright© 2018 補聴器があれば難聴も補助可能【普段通りの生活をする】 All Rights Reserved.